成年後見

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

成年後見(法定後見)とは

認知症や知的障害など精神上による障害が理由で判断能力が欠けており、通常の状態でない方を保護及び支援する為の制度を「成年後見(法定後見)」と言います。

成年後見(法定後見)は、家庭裁判所から選任された成年後見人の方が、ご本人の利益を考えて、ご本人の代理となり契約など法律行為を行います。
また、ご本人の利益を考えて不利益な法律行為はあとから取り消すなどご本人の意思によって判断することが、難しいことを代理で行います。

しかし、ご本人による決定したことのなかでも、ご本人の決定を尊重することから日用品など日常の生活に関する行為の取り消しは対象となりません。

メリット

ご本人の財産について、全ての法律行為を代理に行っていただけます。
ご本人がご自身で行った法律行為をご本人もしくは成年後見人が取り消すことが可能です。

デメリット

ご本人がご自身の判断する能力があるうちはこの制度を使うことはできません。
ご自身での判断能力が欠けている為、ある一定の権利及び資格が剥奪されることがございます。

成年後見のメリット&デメリット

メリット

ご本人の財産について、全ての法律行為を代理に行っていただけます。
ご本人がご自身で行った法律行為をご本人もしくは成年後見人が取り消すことが可能です。

デメリット

ご本人がご自身の判断する能力があるうちはこの制度を使うことはできません。
ご自身での判断能力が欠けている為、ある一定の権利及び資格が剥奪されることがございます。